記憶に残る歌手たち

アクセスカウンタ

zoom RSS 今なぜか赤塚アニメを語る・「天才バカボン」

<<   作成日時 : 2008/04/22 22:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

71年9月から72年6月まで放映された、問題作。
ここここで前述したように
原作無視が目立ったのが惜しまれる。

 元々、TV化されていた「もーれつア太郎」の初期より人気があり
TVと無縁の帝王的名作だった上に
同様に、無冠の帝王だった、赤塚の代表作「おそ松くん」も
TV化で、今ひとつの成果だったため
これがTV化される場合、どのようになるかは
注目されるところであった。

 そして、ファンも
TVの制約のことは、百も承知なので
ある程度のことは許せる筈だったが
その許容度の高さに甘えすぎたようだ。

 ファンでない、あまり詳しくない者にはわかりにくいかと、勝手に思い
毎週読む読者にだけ判るようなサービス精神による笑いは、ばっさりカットし
さらに、前面に押し出していない、雰囲気の笑いは掬い上げず
表面に出ているベタな物だけを残した縮小版になっており
さらに、不条理は理解しにくかろうと
バカボンのパパを、無職から植木屋に
(これが赤塚を激怒させたのは有名)
警官の繋がった目玉を離してしまい
原作とかけ離れた作品となってしまった。

 原作無視は「ひみつのアッコちゃん」とも共通するが
赤塚が許容したか、許さなかったかの違いは大きい。

 投げた作品となってしまった。

 マイナス面ばかりを書いてしまったが
スタッフたちが、もっと原作に近い物を作りたいという意欲は持っていて
「元祖天才バカボン」を生む原動力となった。

 また、前述のように主題歌は秀逸で
歴代ギャグマンガ主題歌の中で(歌だけはまじめな物を除く)
ナンセンスソングとしては最右翼であろう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今なぜか赤塚アニメを語る・「元祖天才バカボン」
 前述の「天才バカボン」が 制約が多すぎて(大塚制約?)思うようにいかなかったことから もう少し、原作を生かしたい思いで制作され 75年10月〜77年9月まで放映された。 ...続きを見る
記憶に残る歌手たち
2008/04/24 20:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今なぜか赤塚アニメを語る・「天才バカボン」 記憶に残る歌手たち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる